アロマテラピー

アロマテラピーの定義とは

 

現代社会を生活する上で様々なストレスを受けて生きています。

 

個人差はありますが中には心に大きなダメージを受けてしまうケー

 

スもあり現代の社会問題のひとつであるストレス社会ですが、この様

 

なストレスによるダメージを和らげる手段として用いらているのがアロ

 

マテラピーで主に植物の持つ働きや香りの力を使い心や身体に現

 

れたトラブルを回復させ美容効果や健康を増進を目的とした自然

 

療法として注目を浴びています。この方法の効果としては疲労回復

 

やリラクゼーションといったストレスケアから健康維持や美容があり、

 

生活の中に取り入れる事によって心や身体のバランスを整えるサポ

 

ート役となります。この定義としてあげられているのが精油を用いて

 

行う自然療法で身体と精神の不調を改善して正常な健康を取り戻

 

すことと日常生活のにおいてリフレッシュやリラクゼーションに役立

 

てる、身体の健康と美容を増進する、などが定義としてあげられてま

 

す。またこの定義に出てくる精油とはエッセンシャルオイルとも呼ば

 

れ植物の花や果皮、樹皮、葉、種子などから摘出した揮発性の芳

 

香物質で様々な種類の植物によって異なった香りと機能を持つ物

 

です。このエッセンシャルオイルが基本的に使われます。

 

 

アロマテラピーの始まりについて

 

“アロマテラピーの始まりは、古くはエジプト文明から始まります。
古代エジプトでは香りのある植物などを神に捧げ、儀式に用いてい

 

ました。
当時の香料は現在のようなオイルの形ではなく、香木や樹脂を燃や

 

したり、またはそのままの形で香りを嗅いで使用していました。
現在使われているようなアロマが登場したのは20世紀初頭です。
この頃フランスとイギリスでそれぞれ精油を治療や美容に利用しよう

 

と研究が進みました。
この時の研究の違いから、現在ではフランス流とイギリス流のふたつ

 

の流れが存在します。
日本で初めてアロマが紹介されたのは1980年代で、1990年代に

 

はエステブームにも乗っかってそれは日本中に広まりました。
最近では美容だけではなく、日本国内でもようやく医療の世界でも

 

精油の研究が進んできています。

 

 

精油がどういった仕組みで人間の心身に働きかけるかといえば、そ

 

の経路には二つあります。
まずひとつは嗅覚刺激です。
これはその名の通り、香りを嗅ぐことで心や体に影響を及ぼします。
もうひとつは皮膚や粘膜を通じて系津竜に乗り、体内に直接入る経

 

路です。
皮膚に直接ぬったり呼吸を通じて体内に届く場合は、血管へ届く精

 

油の成分量は少量ですみます。
しかし口から入った場合には精油成分が非常に急激に吸収される

 

上に多量に摂取されるので、使用するには医師などの判断を仰ぐ

 

のが一番です。

illust3445